結婚式の招待状について

結婚式の招待状は挙式、披露宴にお招きするための案内状です。上司や親族など目上の方にも届けるものなので、正統派のものが良いでしょう。必ず必要なものは挙式、披露宴の日時、会場、二人の名前、返信の日限です。必要に応じて、遠方から来られるゲストには交通機関や宿泊先の案内、祝辞のお願いや二次会の案内を用意します。差出人の名前は親にすることが多かったのですが、最近は二人の名前にすることが多くなってきました。相手によって変えても良いです。ゲストの住所や名前に誤字や脱字がないか、きちんと確認します。挙式の2か月前に投函できるよう、早めに用意します。近頃は式場に任せるのではなく、ネットを利用して個性的な招待状を用意するカップルも増えています。おもてなしの気持ちが表せるものを選びます。式場に持ち込み料が発生するのか確認しておく必要があります。

結婚式の招待状を心を込めて

結婚式の日取りが決まると、色々と準備しなければならないものが増えてきます。その中でも重要なものが、招待状です。結婚式の場所や日時などが記載されているので、間違いがあってはいけません。封筒の中に、返信用のハガキも同封しておきます。そのハガキに貼る切手も、結婚式用のものを選びます。また、当日に受付や、余興をお願いする出席者には、一言メッセージなども付け加えておくと、より好印象でしょう。返信用のハガキには、お料理のアレルギーが無いかの確認もあるので、キチンとチェックする必要があります。そして何より楽しみなのが、メッセージです。返信用のハガキには、新郎新婦に対するメッセージを書く欄があることが多いので、それを読んでいくと気持ちも高まっていくことでしょう。招待状の宛名も、気持ちを込めて丁寧に書くと、より出席者に伝わるでしょう。

招待状を書く時のポイント

日常の生活において、招待状を出す機会はあまりないという人が多いのではないのでしょうか。しかし、いざ招待状を書く時のために知っておきたい知識があります。まず、招待状は2ヶ月以上前に出すことです。相手に余裕をもって予定を確認してもらい、尚且つ可能な限り来てもらうためには早めに出すことが重要です。使う言葉にも注意が必要です。忌み言葉と呼ばれる、不幸なイメージを与える漢字は使わないようにしましょう。内容はできるだけ簡潔に分かりやすくなるように意識しておきます。読点の位置がおかしくないか、漢字の間違いはないか、言い回しの違和感はないかなどを確認しておきます。身近な人にチェックしてもらうのも良いでしょう。最後に会場の住所や連絡先を同封しておきます。会場の位置によって参加できるか否かが変わることもあるからです。思わず行きたくなるような内容が理想的です。