結婚式の招待状を入れる封筒

結婚式の招待状を入れる封筒は、白い角封筒が一般的ですが、別に決められているわけではありません。これ以外のものをチョイスすると失礼になると言うわけでもないです。柄が入った結婚用のものを使っても全く問題ありません。しかし、結婚にそぐわない柄のものをチョイスするのはやめましょう。また、封筒の中には招待状だけ入れればいいと言うわけではないです。返信ハガキも入れないと意味がありません。最近は、会場までの略図を同封するのが普通になっています。駐車場の有無まで明記しておくといいでしょう。また、招待状をパソコンで作ることが増え、宛名をどうすればいいか悩む人も増えています。宛名だけは手書きでないといけないと考えている人もいますが、最近はパソコンでもOKです。ただ、毛筆書きが一般的と言うことを頭に入れておきましょう。

結婚式の招待状の出席・欠席のマナー

結婚式の招待状の出席の場合の裏面の記入の仕方は、御と御芳を消して出席を丸で囲みます。御を消す理由は御が受け取った側への敬語にあたるので二重線で消します。丸で囲んだ出席の横や上などに慶んでという言葉を書き添えると丁寧で好印象になります。出席なので御欠席の文字を二重線で消します。余白には直筆でお祝いのメッセージを添えると新郎新婦が喜びますのでおすすめですが、メッセージを新郎新婦の親御さんが見る事もあるので砕けすぎないメッセージを記入した方がよいです。返信マナーで他の人と違った、差をつけたい場合には、御や御芳の文字を二重線ではなく寿も文字で消すのがおすすめです。文字を上から書くだけで返信マナーの上級者となります。欠席する場合には、返信する前に先に新郎新婦に連絡をしておきます。連絡する時にはお祝いの言葉を伝えてから、すぐに欠席とは言わずに、もしかしたらや予定を調整してみるが、という事を伝えてから、連絡後に少し間をあけてから、欠席の返信を出した方がよいです。

結婚式のペーパーアイテムは招待状だけではない

ウェディングには様々なペーパーアイテムが必要になります。そのペーパーアイテムを、式を挙げる本人たちが作ると言うのが珍しくなくなりました。数あるペーパーアイテムの中で、最も重要とされるのは招待状です。もちろん、これも手作りする人が多いのですが、技術がないと安っぽくなってしまいます。経費削減になるからと、安易に自分たちで作ろうとするのはやめましょう。招待状は重要ですから、これだけはプロに任せた方がいいかもしれません。ペーパーアイテムは他にもあります。招待状よりも手軽に作れるものも多いので、そちらを作るようにしましょう。中でも、席礼は簡単に作ることができます。テーブルクロスの色とコーディネートすると素敵でしょう。しかし、招待客に自分の席を知らせるための物ですから、分かりやすさを最優先することです。