招待状を手作りするメリット

結婚式をする式場を決めたら、招待状を送ります。式場に依頼をすることもできますが、オリジナルな結婚式にすりはために、手作りをする人もいます。自分たちで作成すると、節約にもなります。最近は、手作りをする人たちのために、返信用のハガキがセットになっているキットも販売されています。たくさん種類があるので、気にいるものが見つかります。テンプレートを使うと、とても簡単に作ることもできます。テンプレートを参考にして、オリジナルデザインの招待状を作ることもできます。たくさん印刷をするときには、インクを購入しましょう。たくさん色を使ったデザインものは、インク代がかさんでしまうことがあるので気をつけましょう。受付を頼む人や、挨拶を頼む人には、お願いをするメッセージをつけておきましょう。作り終わったら、間違えがないように、封筒に入れて封をしましょう。

招待状の返信のマナーについて

20代になると、友人や会社の同僚などから、結婚式に招待される機会が増えていきます。結婚式の数ヶ月前に招待状が届くので、特別な予定が入っていなければ出席をしましょう。招待状には、返信用ハガキが入っているので、できるだけ早めに返信をしましょう。返信用ハガキには、御出席や、御欠席の文字がありますが、その中で不要な文字は二重線で消していきます。余白のところには、結婚式に招待してもらったことに対してのお礼や、お祝いのメッセージを書くと喜ばれます。どうしても、外すことができない予定がある場合は欠席で返信をしますが、出席できなくて残念な気持ちを書くようにしましょう。詳しく欠席の理由を書く必要はないです。そして、欠席の場合は、当日式場に祝電を送るようにしましょう。最後に宛先の行の文字を消して様に直してポストに入れましょう。

結婚式の招待状は入れる物リストがあると安心

結婚式の招待状は、封筒の中にいくつも入れる物があります。もしも自分たちで手作りする場合、入れる物リストを作っておくと安心です。手作りで心配なのは、重要なアイテムの入れ忘れです。しかしリストを作っておけば、投函前に中身の確認がスムーズにできるでしょう。一般的に封筒に入れるのは、招待文、挙式・披露宴の日時、会場への案内図、出欠確認用の返信はがきです。スピーチなどを依頼する場合は、依頼状も同封します。リストには、各アイテムで重要なチェックポイントも書いておくと、ミスを防げます。例えば招待文には、はがきの返信期日を書くのが一般的です。返信期日は、当日の準備にも関わるので重要です。リストには、横に「返信期日」と書いておくと良いでしょう。式の準備は忙しいので、招待状の手づくり作業では、うっかりミスがあるかもしれません。少しでもミスを防ぐために、リスト作りはおすすめです。